お知らせ

お知らせ

2006.09.19
C/S.VEGAへの船名変更についてを追加

当社の海底ケーブル保守船「C/S PLDT」(母港:フィリピン・バタンガス港)は、2000年にフィリピンの電気通信事業者であるPLDT社海底ケーブルの専用保守船としてサービスを開始して以来、これまで同社の名前を船名としてまいりました。
しかしながら、同船は2005年に新たにサイパン、マレーシア、インドネシアでの保守サービスを開始し、現在はフィリピン国内に限らず東南アジア全域を保守エリアとしていることから、船舶の名称を「C/S VEGA」に改めることとしました。
2006年9月12日にはフィリピン・マニラ港において、お客さま、関係者の皆様をお招きし「新名称披露のセレモニー」を開催し、盛況のうちに終了いたしました。
なお、セレモニーの模様については、現地マニラの新聞で報道されました。
当社は、今後とも日本国内の事業で培った技術・ノウハウに基づく保守サービスの提供を通じ、東南アジアの情報通信の発展に貢献してまいります。

*C/S VEGAは当社の海底ケーブル保守・建設船「すばる」と同様に、天体の名前にちなんでつけたものです。



TOPにもどる


Copyright (C) 2007 NTT WORLD ENGINEERING MARINE CORPORATION All Rights Reserved.

ご利用にあたって個人情報保護方針